【スポンサーリンク】

トレーニング

Garmin ハートレートセンサーHRM4-Run で 乳酸閾値を測る

HRM4-Runには、ランニングダイナミクスセンサーと、心電計が内蔵されています。 しかし、光学式の脈拍計が内蔵されている時計なら、RDポッドを併用すれば、同じデータが得られます。 そのため、胸に巻くベルトが不要になりつつありますが、光学式では現在の…

ガーミン ForAthlete 935 ランニングダイナミクスポッドを使ってみた

さまざまなセンサーを接続できるのは、ガーミンの魅力だと思います。 Garmin FA935 のパッケージには、ランニングダイナミクスを計測できる RD POD が同梱されています。 どうやら、ランニングの動きを数値化できるようですが、いったいどのように測定される…

「もっとなっとく 使えるスポーツサイエンス」

暑い日が多くなり、すでに脱水症状で苦しい思いをした人もあるでしょう。はたして暑さに抵抗力をつけることはできるのか?ということを調べていて、自分の経験と照らしても、納得のゆく説明がかかれていた本だったので、紹介したいと思います。 さまざまなス…

安静時心拍と疲労

昨日は、心拍センサを使った疲労の測り方を紹介したが、安静時心拍を記録し続けることでも疲労の蓄積を把握することができる。 しかも、ハートレートモニターを必要としないので、お金もかからない。

心拍変動で疲労を測る

心拍数トレは随分メジャーになったようだが、「心拍数の変動」で自律神経系(ANS)の疲労具合がチェックできる*1のをご存知だろうか。 英語が苦手な方は、『すべての疲労は脳が原因 (梶本 修身 著)』を読んでいただくとして*2、ここではスマホを使って簡便に…