【スポンサーリンク】

装備

Garmin ハートレートセンサーHRM4-Run で 乳酸閾値を測る

HRM4-Runには、ランニングダイナミクスセンサーと、心電計が内蔵されています。 しかし、光学式の脈拍計が内蔵されている時計なら、RDポッドを併用すれば、同じデータが得られます。 そのため、胸に巻くベルトが不要になりつつありますが、光学式では現在の…

ガーミン ForAthlete 935 ランニングダイナミクスポッドを使ってみた

さまざまなセンサーを接続できるのは、ガーミンの魅力だと思います。 Garmin FA935 のパッケージには、ランニングダイナミクスを計測できる RD POD が同梱されています。 どうやら、ランニングの動きを数値化できるようですが、いったいどのように測定される…

楽天スーパーDEAL 話題のGPSウォッチ特集

ただいま開催されている楽天スーパーDEALで、Garmin FA935 や Suunto Spartan が対象になっているショップがあります。 楽天会員限定です。

ForAthlete 935 の 光学式心拍計の精度を検証!

FA935ですが、光学式心拍計を24時間連続使用しているにも関わらず、1週間以上、充電しなくても使えるレベルです。 そうなってくると、精度がどれぐらいなのか、気になります。 短時間高強度のトレーニングと、低強度長時間のトレーニングで比較してみました。

ForAthlete 935 と Spartan Ultra のGPSとバッテリを比較!

ガーミンの新機種、ForAthlete 935 と、スントの新機種、Spartan Ultraについて、GPSの精度と、バッテリ持続時間について、比較してみました。 また、すでに使っている方も、他社の新製品が気になっているのではないでしょうか。

Garmin ForAthlete 935 を購入!スントユーザによる、ファーストインプレッション!

今回は、スパルタンのリストHR は見送りました。ライフログ機能の充実が遅れていると感じられ、ウルトラとの機能に、大きな違いを感じられなかったためです。 そこで、ライバル機となる、Garmin の新製品を評価してみたくなり、ライフログ機能の充実した、Ga…

【UTMB】ニュースレター3 必携の装備品【2017年】

UTMB事務局からの配信メールに、必携装備品の解説がありました。 不足はペナルティが課せられるので、早めに準備し、使い慣れておくほうが良さそうです。 そろそろ準備をしないとなー、と思ってる方には、参考になるかもしれません。 以下、大まかな訳となり…

【バッテリー持続時間】スパルタン・ウルトラ を アンビット3と比較する

スパルタン ウルトラのバッテリー持続時間について、気になっている方も多いと思います。 そこで、使い込んだアンビット3との比較ではありますが、条件を変えて、測定対決してみました。

心拍計の誤作動・心拍数の異常値はベルトの劣化が原因だった

心拍トレーニングをしていると、異常な数値がでることはありませんか? 心拍ベルトは消耗品です。 電極部を湿らせても出る場合、ベルトの劣化が考えられます。 異常値の出る原因と対策、長持ちさせるコツをお伝えします。

Suunto Spartan Ultra 購入レポートと使用感【2017年6月更新版】

発売されて以降、国内での購入レポートをあまり見かけないので、人柱になってみた。 度重なるアップデートにより、安定性が向上し、機能も充実してきた。 また、バッテリーの保ちもかなり改善されている。