【スポンサーリンク】

OMM JAPAN 2016 SHINANO OMACHI 完走レポート

OMM JAPAN 信濃大町、ストレートロングクラスを完走できました。 昨年はストレートロングを完走できなかったため、今年も挑戦。 3年目の今年は、OMMらしからぬ好天に恵まれラッキーだった。 今回は軽量化にも気を使い、歩荷トレーニングも取り入れた。

OMM JAPAN 2016 SHINANO OMACHI DAY2

ストレートロング2日目。

OMM JAPAN 2016 SHINANO OMACHI DAY1

ストレートロング1日目。

信越五岳 2016 完走レポート

台風の接近にともなう前線の活性化により、信越五岳が始まっていらい最悪の天候だったとか。 そのため瑪瑙山を迂回した信越四岳の101kmで開催された。 個人的にトラブルが重なった時期で、そこに悪天候も加わり、 滅多にない最悪コンディションでどこまでで…

信越五岳 2016 準備編

ボランティア優先枠があったものだから、欲張って信越五岳にもエントリーしていた。 信越エリアは走ったことないので、目安がわからない。 そこで、おんたけウルトラと信越五岳の両方を走ったことがある人のタイムを手がかりに、ペース配分を考えてみた。

安静時心拍と疲労

昨日は、心拍センサを使った疲労の測り方を紹介したが、安静時心拍を記録し続けることでも疲労の蓄積を把握することができる。 しかも、ハートレートモニターを必要としないので、お金もかからない。

心拍変動で疲労を測る

心拍数トレは随分メジャーになったようだが、「心拍数の変動」で自律神経系(ANS)の疲労具合がチェックできる*1のをご存知だろうか。 英語が苦手な方は、『すべての疲労は脳が原因 (梶本 修身 著)』を読んでいただくとして*2、ここではスマホを使って簡便に…

おんたけウルトラ 検証

翌朝の八海山は、雲海が広がっていた。

おんたけウルトラ2016 レース②

第3関門で荷物を受け取ったとたん、ふたたび大雨が降りだした。 冷えるのを防ぐため、レインウェアを着る。ドロップバッグに入れておいた、折りたたみの椅子に座り、作業開始。

おんたけウルトラ2016 レース①

直前にコースの一部変更があったり新ルートはナシとの話を聞いて、高低図と計画を作りなおす。

おんたけウルトラ2016 準備編

おんたけウルトラは、コースのほとんどが林道となっていてコースも広く走りやすい。そのため制限時間が 100kmが20時間、100マイルが24時間と短い。100kmは午前0時に、100マイルは先行して午後8時にスタートしており、必ず夜間走を伴う。最初から最後までポー…

おんたけウルトラ100マイル 完走レポート

100mile走ってきました。初100マイル、思ってたよりもあっさりと完走。おんたけに絞って持久力を向上させる練習に重点をおいたことと、なにより今回は運がよかったことに大きく助けられた。