読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

OMM JAPAN 2016 まとめ

f:id:live-simply:20161113113856j:plain 昨年は完走できなかったストレートロングに再び挑戦。
3年目の今年は、OMMらしからぬ好天に恵まれた。
今回は軽量化にも気を使い、歩荷トレーニングも取り入れてみた。

OMM JAPAN Omachi

日時:2016年11月12日・13日
場所:長野県大町市木崎湖周辺(キャンプ地:中山高原キャンプ場)

結果

1日目:7時間58分28秒(41位/完走57組)
2日目:6時間21分29秒(40位/完走73組)
総合:14時間19分57秒(39位/完走56組)

ルート詳細は以下:
OMM JAPAN 2016 Straight Long DAY1 - methylone’s diary
OMM JAPAN 2016 Straight Long DAY2 - methylone’s diary

自分が運んだ装備(水なし・パックウェイト4.5kg)

f:id:live-simply:20161112162827j:plain
キャンプ装備を背負っていき、一泊するのがOMMらしいところでもある。
今回はマイナス3−4℃まで冷え込んだことで日中との寒暖差が激しくなり、秋山らしい装備チョイスの難しさがあった。

Packing

  • Classic 25(OMM)

    Sleeping

  • エマージェンシードーム(ヘリテイジ)
  • Escape Lite Vivy(SOL)
  • NeoAir Xthrem 120cm(Tharm-a-rest)
  • ダウンハガー900 #5(mont-bell)

    Wearing

  • (帽子) Capilene Beanie(Patagonia)
  • (ベース)スキンメッシュノースリーブ(finetrack)
  • (ベース)Phase LS ロングT(Arcteryx)
  • (ベース)Capilene2 brief(Patagonia)
  • (シェル)Insendo Jacket(Arcteryx)
  • (パンツ)トリムパンツ(trimtex)
  • (靴下)DS636(Dexshell)
  • (シューズ)Akasha(La Sprtiva)

  • (予備)Capilene 4 Zip Neck(Patagonia) ※予備ベースレイヤ

  • (予備)メリノMWタイツ(mont-bell) ※予備タイツ
  • (予備)DS634(Dexshell) ※予備靴下

    Cooking(パートナー所有)

  • P-153(イワタニプリムス)
  • EPI 110gガス
  • チタンマグ500ml(Evernew)

    Emargency

  • ストライクトレイルフーディー(TNF)※レインウェア
  • ストライクトレイルパンツ(TNF)※レインウェア
  • 救急セット(熊鈴・笛・応急処置)

    食料

  • カップヌードルBIG(カレー味)*2
  • アルファ米100g(尾西)*2
  • アスリチューン(行動食)*8
  • トップスピード、Vespa hyper、ミネラルタブ
  • Sawyer mini(携帯浄水器

鹿島槍スポーツビレッジに前泊、好天予報と、気温上昇が予想されたので、装備を変更。
テント:Blaze 2P(NEMO)→エマージェンシードーム(ヘリテイジ) 400g軽量化
水:スタート1リットル+浄水器で対応

日中はトリムパンツ(長ズボン)では暑いぐらいで、短パンやタイツの方が良かったかもしれない。 明け方は冷え込んだにも関わらず、上記装備で安眠できた。
Blazeより密閉性の高いエマージェンシードームだったので上記装備ではすこし暑かった。

結果と課題

なんとか完走できたことで、「山の総合力」は 無いとは云えないだろう、という結果となった。
好天に恵まれたのはラッキーで、これが昨年のような荒天だったらどうだっただろうか。
贅沢を言えば、完走者の半分より上を目指したいところ。

  • (読図) CPじたいは見つけやすかったが、つなぐルートチョイスの難度は高いと感じた。
  • (読図)累積標高 vs 距離 のリスクリワードの見積もりがまだ甘い
  • (読図)直進に自信がなく、易きに流れて遠回りをする傾向がある
  • (装備)レギュラーガスは氷点下の冷え込みにより、朝の湯沸かしに支障がでた。
  • (装備)テント外に放置した水筒・浄水器が凍結(浄水器は破損)。
  • (走力)完走はできたものの、昨年のような悪条件ではどうだっただろうか。

装備は足し算ではなく、環境や走力に合わせたシステム全体で考えるべきだと感じる。 年々、レベルが上がり、ちょっとぐらいの走力で押し切るのはそろそろ無理だと感じられるOMMだけれど、今後もストレートロングにこだわり続けたいと思う。

f:id:live-simply:20161113131717j:plain