【スポンサーリンク】

Epson MZ-500 ファーストインプレッション!

f:id:live-simply:20170907195232j:plain:w320

MZ-500L を、アンバサダーで頂きました。

同社のランニングモデル・SF-850をレンタルしたときに、その精度の高さに驚き、登山モデルにも触ってみたかったところです。

これから、Sunnto や Garmin と比較しながら、その特長を紹介していきたいと思います。

Garmin ForeAthlete 935よりは一回り大きい感じです。

f:id:live-simply:20170907195403j:plain:w320

カラー化の時代、白黒液晶はレトロ感があるものの、白黒液晶のほうがコントラストが高いため、昼夜を問わず、視認性が高いところは評価したい。

スマホ経由の同期は可能であるが、通知を画面表示する機能は持たない。

心拍計測については、別売りの心拍ベルトが必要だが、Bluetooth4.0 対応のよう。

さっそく、手持ちのセンサーでテストしてみることに。

f:id:live-simply:20170908131928j:plain:w320

スントのSmart Sensor、そしてポラールのH7。

f:id:live-simply:20170908132004j:plain:w320

どちらも、ペアリングリストに表示。

まだ計測はしていませんが、Bluetooth4.0のセンサー対応と考えてよさそうです。


f:id:live-simply:20170908101421p:plain

バッテリーの持続時間は魅力的で、1秒間隔モード・連続46時間は、現行機種のなかでも最長の部類となる。

3D計測、沿面距離や沿面速度が測れることも、魅力の一つとなっている。

エプソンの精度については、SF-850のテストを別記事でレポートしています。

live-simply.hatenadiary.jp

live-simply.hatenadiary.jp