読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【スポンサーリンク】

トレラン帰りの洗濯はコインランドリーで済ませよう

しかし、気持ちよく走ったあとには、山のような洗濯物や後片付け。

ついつい後回しにしがちですが、汚れたままにすると装備が傷んでしまいます。

そこで、家に帰るまでに、一片付けしてしまおう、というのが今回の提案です。

いくつかの注意点を守れば、ほとんどの装備品は洗えますよ!

洗濯乾燥機なら1時間で終わる

10kgの洗濯乾燥機なら、2~3人分の1~2泊の衣類と装備がいちどに洗えます。

大量の水で洗いますから、普段着も一緒に洗っても気になりません。

洗濯から乾燥まで、60分で終わります。

その間に、食事やお買い物を済ませることができます。

ポケットの中身は出しておこう

トレランザックも洗えますが、笛や熊鈴といった付属物は取り外しましょう。デリケートな衣類を傷めます。

また、ポケットの中身は必ず出しておきましょう。

特にジェルには気をつけてください。破裂すると、洗濯物が大変なことに。

ベルクロはネットに入れる

手袋やバイザーについているベルクロは、そのまま洗うと衣類を傷めます。

かならずネットに入れ、しっかりとジッパーを閉じておきます。

ブラジャー用のワイヤー入ネットは、帽子やバイザーの型くずれ防止に使えます。

ジッパーは閉める

ウェアやザックのジッパーは閉じておきます。

開いたままだとジッパーを痛めたり、他の衣類を傷めることがあります。

柔軟剤は不要

柔軟剤はOFFにしてください。パタゴニアのキャプリーンに代表される速乾ウェアは、柔軟剤で機能が損なわれます。

うっかり使用してしまった場合には、無添加・無香料の衣類洗剤で洗い直すことで、その機能を復活させることができます。

ファーファの無添加・無香料は価格も安く、速乾ウェアの機能を損なわないのでおすすめです。


シューズウォッシャーもある

コインランドリーによっては、くつ専用の洗濯乾燥機を設置しているところもあります。

live-simply.hatenadiary.jp

レインウェアには注意

乾燥機にかけると、シームテープが剥がれることがあります。

また、固いものと一緒に洗うと、防水膜が痛むことがあるので注意してください。