【スポンサーリンク】

ポイントレースで重要な、資格レースや自分のリザルトをITRAで確認する方法

UTMFやUTMBに出場するためには、ポイントを集めることが必要なことはよく知られていますが、そのポイントシステムの仕組みはあまり知られていないように思います。

このエントリでは、資格対象となるレースや、自分のリザルトを確認する方法を紹介します。

いつかはUTMF、と思っている方は、いちど見ておくことをお勧めします。

ITRAの公式サイト

ITRAの公式サイトを確認しておきましょう。現在のところ、提供言語は、英語・フランス語・スペイン語に限られています。

閲覧するだけであれば、ユーザー登録は必要ありません

itra.run

資格対象レースの探し方

はじめに、これから開催されるレースの探し方です。

レースポイント(いわゆるポイントは、Endurance Points のことです)、開催時期開催エリアで絞り込むことが可能です。

対象時期を、今後6ヶ月・Asia-Japan で検索してみると、次のように表示されました。

f:id:live-simply:20170629110711j:plain

代表して、「The 4100D マウンテントレイル in 野沢温泉」をクリックしてみました。

f:id:live-simply:20170629111614j:plain

このように、レース主催者が登録を済ませていれば、情報を閲覧することが可能です。

Endurance Points、Mountain Level、Finisher criteria については、次のエントリで解説します。

レース結果の探し方

次に、レースリザルトの探し方です。メニューバーの「Results」から検索ウインドウが表示されます。 期間と地域から、絞込みを行うことができます。

f:id:live-simply:20170629105231p:plain

対象期間を Last 30days、地域をEurope で検索してみると、

f:id:live-simply:20170629112557j:plain

このブログ執筆の前週、2017年6月25日に行われた、モンブランマラソンの結果が表示されました。

選手のリザルトの探し方

最後に、選手のリザルトの探し方です。メニューバーの「Runners」から探せます。 f:id:live-simply:20170629113545p:plain

ご自分の姓名をローマ字で入力し、検索してみてください。 過去に走った資格レースがすべて表示されていれば、問題はありません

しかし、対象レースを走ったのにも関わらず、表示されない場合には、リザルトが正しく反映されていない可能性があります。

よくあるのは、リザルトが2人以上に分裂しているパターンです。

1)ローマ字表記の揺れや誤記 
2)対象レースの開催日前後で年齢が変わる

ことによります。

表記の揺れ

マサヒコさん・・・ Masahiko, Masako, Masahiro等 で登録されている可能性
マサシさん・・・ Masashi,Masasi で登録されている可能性

ITRAの検索システムは前方一致が使えるため、たとえば Suzuki Masahiko さんの場合、 Suzu Masa で検索すると発見しやすくなります。

年齢の揺れ

年齢とレース開催日の関係で、リザルトが別れるケースもあります。生年が1年違いの部分を探してみてください。

間違いを発見した場合、訂正はITRAサイトで行う必要があります。この場合、問い合わせ先は出場したレースではありません

訂正方法は、別記事にまとめましたので、困った方はご参考頂けたらと思います。

live-simply.hatenadiary.jp

まとめ

まず、ITRAの公式サイトと、これから走るレースの情報、および走ったレース、個人のリザルトを確認する方法について、ご紹介しました。




関連記事

live-simply.hatenadiary.jp