【スポンサーリンク】

Suunto Movescount で、日本の百名山のGPSルートが公開中

Suunto の トレーニングWebシステムであるMovescountに、日本の百名山ルートの特設ページが公開されていました。
こちらを利用することで、手持ちのGPSウォッチに、簡単に登山ルートをインポートすることができ、その方法も分かりやすく解説されています。

わたしのお気に入りの富士山ルートも紹介してみたので、いままでルート機能の使い方がわからなかった方も、これを機会に使ってみてはいかがでしょうか。

公式の特設サイトはこちらです。

mt100.suunto-japan.jp

ヒートマップとは

Movescount の ヒートマップシステムが利用されています。ヒートマップは、ユーザがアップロードしたログが重ね合わされ、人気のルートほど、明るく浮き上がってくる特長があります。

以下の例は、Movescountによる、富士山の北東方向のヒートマップです。 (見やすくするため、色調補正をかけてあります)

f:id:live-simply:20170703100511j:plain

吉田口、須走口、御殿場口、富士宮口からのルートが確認できるでしょうか。吉田口ルートから伸びているのは、富士登山競走のログでしょう。またUTMF・STYのコースも浮き上がって見えると思います。

このように、人気のルートから、登山道を確認するのに使えます。

ルートの選択

今回の特設サイトは、100名山のヒートマップを紹介したものです。
ここでは、富士山の吉田口からのルートが紹介されていましたので選びますと、

f:id:live-simply:20170703101541j:plain

このようなルート詳細の画面になるので、手持ちのGPSウォッチでの使用をONにすると、時計を次回、同期したときにルート情報がダウンロードされます。
同期は、PCと電源ケーブルで接続する以外に、Movescountアプリでも行えます

また、自分が作ったルートを公開することもできます。 先ほどのルート画面のプロファイル部分で、Public をONにするだけです。 いったん公開すると、再編集できなくなるのでご注意ください。

富士山のプリンスルート

公設サイトには、静岡側がないため、静岡側のルートをご紹介します。 www.movescount.com

富士山の主要な登山道は、先に述べた4つがありますが、バリエーションルートのひとつに、「プリンスルート」があります。こちらは、皇太子さまが富士山に登ったときに使われた登山道なので、プリンスルートと呼ばれるようになりました。

f:id:live-simply:20170703102846j:plain

このルートは、静岡県側にある富士宮ルートと御殿場ルートを、宝永山の上、2,600m付近を横切る形でつないでいます。富士宮のスタート標高と、渋滞の少ない御殿場両方のメリットが享受できる快適なルートです。

このルートは、登りで富士宮を、下りで御殿場ルートを使います。登りで富士宮を使うと早く登頂でき、御殿場を下ると、遠くまで広がる風景と、ほんのすこしの大砂走りが楽しめます。

富士宮ルートとプリンスルートの分岐は、6合目の宝永山荘のトイレ横で、そこから宝永山の遊歩道に入ります。
御殿場ルートとプリンスルートの分岐は、大砂走りの起点なので、富士宮へ入る看板を見落とさないでください。砂走りが楽しくて行き過ぎてしまう人があります。

宝永山の周辺では落石に注意してください。

渋滞を避けるためなど、登りでプリンスルートを使うときは、ルートナビゲーション開始時に「逆順(Backward)」を選んでください。




関連記事

live-simply.hatenadiary.jp

live-simply.hatenadiary.jp