【スポンサーリンク】

Suunto スパルタン・トレーナー を徹底レビュー!

f:id:live-simply:20171004185039j:plain:w480


スントから、Spartan に新シリーズの、Trainer が発売されました。

スパルタンを冠していますが、細かいところを見ていくと、今迄のウルトラ、スポーツとは一線を画す部分が見えてきます。

今回は、トレーナーの特徴を、従来のスポーツWHRとの比較で、紹介していきたいと思います。

開封の儀

f:id:live-simply:20171004185343j:plain:w480


中身は、時計の本体、USB接続の充電ケーブル、クイックスタートマニュアルとなっています。


f:id:live-simply:20171004185405j:plain:w480

外観は小型化されたアンビットのよう

外観は、まるで小さくなったアンビット3のようです。

タッチパネルが廃止され、5ボタンに戻り、突出したGPSアンテナをもつため、まるで親子みたいです。

f:id:live-simply:20171004192313j:plain:w480


充電している姿も、アンビットそのものです。


f:id:live-simply:20171004192447j:plain:w480


ケーブルもアンビットのものと全く同じなので、相互に流用が可能です。


f:id:live-simply:20171004192542j:plain:w480

素材と重量

ポリアミド樹脂の採用で56gと、スント史上、最軽量となっています。

金属ベゼルのモデルもあります。わずかに重く、3,000円ほど高めです。


f:id:live-simply:20171004185856j:plain:w480


ガラスまでプラスチックなので、はっきりいってトレイルには不向きです。

ソフトウェア

画面と操作はスパルタンシリーズ

しかし、中身はスパルタンシリーズにバージョンアップ。

操作は、スパルタンスポーツ・リストHRとほぼおなじです。

ケーブルはアンビットですが、同期アプリは Suunto Linkと、スパルタンシリーズのものとなっています。

GPSは MediaTek MTK3339 を初採用

今回、GPSモジュールの変更が行われました。

Mediatek社 の GPSチップ3339 が採用されています。

外観上はまったく分かりませんが、大きな変化です。

f:id:live-simply:20171004190512j:plain:w480


Suunto はこれまで、 Ambit シリーズから、スパルタン・ウルトラ、リストスポーツに至るまで、SiRF Technology. の SiRF Star というチップを使ってきました。

このチップはGPS精度が高いことで定評があります。

今回の変更により、GPS精度に差はあるのか、また、これから発表される新モデルのGPSモジュールはどうなっていくのか、気になるところです。


光学式脈拍計測にはValencell のユニットを使用

このTrainerも、Valencell社のユニットが使用されています。 f:id:live-simply:20171004202550j:plain:w480


緑2灯・橙1灯に受光部が囲まれた特徴のあるユニットは、スポーツWHRと同様に見えます。


f:id:live-simply:20171004202608j:plain:w480

しかし、トレーナーの方が明るさが抑えられており、軽量化にも関わらず、バッテリー持続時間に貢献しているように見られます。

(バージョンチェックすると、ユニットのモデルも違うようです)


睡眠チェックの搭載と24時間連続の心拍測定

また、睡眠の状態と、24時間の心拍を測定する機能が搭載されました。

f:id:live-simply:20171014062141j:plain:w320

f:id:live-simply:20171014062149j:plain:w320

時計本体には、睡眠の長さ、入眠と起床時間、深い睡眠だった時間が記録されます。

ただ、現時点では、その結果はスマホやWebには転送されず、時計本体での確認にとどまります。

また、睡眠について、良かった・悪かったという評価もなされません(この点についてはガーミン等でも同じですが)。

今後、スパルタンのリストHRシリーズにもソフトウェア・アップデートで対応される予定です。

バッテリ持続時間

GPSの受信感度で3段階となっており、

Best:8時間、Good:14時間、Ok:25時間

となっています。

Goodモード以上が、ほとんどの人で実用域となります。Okは、散歩やトレッキング程度の速度に向いています。

気圧高度計・温度計は内蔵せず

一方、気圧高度計と気温計は内蔵していません。

そのため、高度をGPSだけに頼ることになり、気圧補正を行うアンビットやスパルタン・ウルトラに比べ、獲得標高はやや不正確になりがちです。

本機種は日常的なルーチン練習に向いており、トレイルではウルトラや、発売予定のスポーツ・リスト「BARO」と、使い分けたほうが良さそうです。

Spartan Sports Wrist HRと Trainer の違い

もっとも大きな違いは、画面表示の大きさです。

現時点では、バッテリーの持続時間に大きな違いはありませんが、10月に予定されているソフトウェア・アップデートで、ウルトラとスポーツモデルのバッテリ消費が大きく改善すると言われています。

その内容によっては、差がでてくるかもしれません。


画面表示の差

特に画面は小型化され、表示ドット数も約半分になるため、表示できる情報量が少なくなっています。

まず、スマートウォッチとしての使用です。

通知を多用したい場合には、かなり画面は狭めに感じます。

f:id:live-simply:20171004180355j:plain:w480



一方、トレーニングでの使用は、ほとんど気になりません。

例えば、距離・心拍数・ペース・タイムの4項目程度なら、


f:id:live-simply:20171004182133j:plain:w480


と、画面の大きさの割に、文字をはっきりと見ることができます。

しかし、最大となる7項目を表示すると、項目の識別が難しくなります。


f:id:live-simply:20171004183503j:plain:w480


そのため、2〜4項目の画面を、ページ切り替えで使うのがベストでしょう。

1ページに表示したい項目が多い場合には、画面の大きなスポーツやウルトラモデルに軍配があがります。


実際に、使ってみました!

他の記事にまとめました。

live-simply.hatenadiary.jp

気になるところ

GPS測位が少し遅い

エクササイズを選んだ後の、測位が完了するまでが少し長めで、1分ちかく掛かることがあります。

数秒以内で完了する、Ambit 3、Spartan Ultra, Sports各種 に慣れてると、「まだ〜?」と感じます。

GPSチップ変更に伴うものなのか、ファームウェアがこなれていないのかは、今のところ不明です。

ボタン操作がアンビットシリーズと入れ替わっている

アンビット時代の5ボタン操作に戻りましたが、左側のボタン機能が入れ替わっているのは気になるところです。

以下は、マニュアルにある操作ガイドです。


f:id:live-simply:20171004191437p:plain


このように、「戻る」と、「ビューを切り替える」のボタンが入れ替わっています。


アンビット時代から使ってきたユーザには、すこし戸惑う部分かもしれません。

統一感が欲しいところです。

PCでの設定が実用的

最初に起動するときには、USBケーブルで充電する操作が必要です。

また、時計だけで全ての設定を完了することはできず、スマホまたはPCから設定をする必要があります。

スポーツモードを細かくエディットできるのはスントの強みですが、エディットはパソコン環境で行うことをおすすめします。

また、Webツール経由で行われるため、インターネットが繋がらない環境では、スポーツモードの編集ができないのは弱点です。

実売価格

10月現在、2万円台後半〜3万円台前半で発売されています。

直近の価格は、つぎのページで見ていただくと比較しやすいかと思います。

live-simply.hatenadiary.jp

まとめ

ケーブルが流用できるため、アンビットシリーズを現役で使っている人にはおすすめできます。

日常的なトレーニングでは心拍ベルトが不要なスパルタントレーナーを、トレイルやロングレースではアンビットを、という明確な使い分けが可能です。

一方、スントのウォッチに興味がある方にも、お手軽な価格の入門機としておすすめできますが、ガーミンのように強力なコーチング機能は搭載していないため、自分でトレーニング計画を立てられる、中級者以上におすすめします。

コアなSuuntoファンにとっては、GPSチップの変更と、今後に控える既存モデルのソフトウェア・アップデートが気になるところです。

ひきつづき、追いかけていきたいと思います。




関連記事

live-simply.hatenadiary.jp

live-simply.hatenadiary.jp

live-simply.hatenadiary.jp

live-simply.hatenadiary.jp

live-simply.hatenadiary.jp