読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【スポンサーリンク】

【UTMB】競技ルールのポイント【2017年】

今回、事務局から届いたニュースレターには、競技規則のことが書かれていた。

特に、表彰台に載る予定のある方(検査対象アスリート)は、ITRA SHOL への登録が必要に。

もちろん、完走目標のランナーにも大切なことが書かれているので、重要なポイントを紹介しておきたい。

以下、大まかな訳となります。カッコ内は私の注釈です。

A REMINDER OF THE REGULATION’S KEY POINTS

ランナーとサポーターへ

  • 公平にレースを保証するために、競技規則を定める
  • 規則に例外はなく、すべてのランナーに適用される
  • 選手の私的サポート、自立性、健康に関する指針、必携装備品、罰則に関する規定は、全員を公平に評価し平等に扱うためにある

許可エリア外での私的サポートと伴走は禁止

クラスサポートが許されるエイド
UTMBコンタミン
クールマイヨール
シャンペクス
トリエント
バロルシーヌ
CCCシャンペクス
トリエント
バロルシーヌ
TDSブールサンモーリス
コンタミン
OCC許可されたポイント無し

半自立

エイドとエイドの間では、悪天候やケガなどに、自分で対応することができなければならない

自立性の原則に含まれるルール

必携装備品を持つこと

チェック済の必携装備品はレース中に組み替えることはできない

十分な食料を確保すること

エイドでは食料と水を供給する
次のエイドまで十分な水と食料を確保しなければならない
(ちなみに、UTMB® - 必携装備品FAQには、エイドからシリアルバーを幾つか、持ち出すことが許可されている、とあります)

私的サポートは定められたエイドで受けること

指定エリア外でのサポート並走は禁止

必携装備品

ランナーを不利にするためではなく、危険な状況を避けるための予防として定めている

即時失格となるもの

ライト、エマージェンシー・ブランケット、レインジャケット、水1リットル、携帯電話といった安全に関わる不備は、即時失格。

タイムペナルティとなるもの

携帯カップ、テーピング、長袖のフリース・・・といった義務装備の不足は、UTMBで1時間、CCC/TDS/OCCでは30分のペナルティを与える。

ペナルティ

失格

  • 安全装備の不足
  • 装備品チェックの拒否
  • 不正行為(輸送手段の使用、レース番号の共有、、、)
  • 運営スタッフの指示に従わない場合
  • 制限時間後の出発

時間のペナルティ加算

  • 他の必携装備品の不備
  • ゴミを投げ捨てる行為(サポーター含む)
  • 他人を尊重しない態度
  • 救助が必要な人を放置する行為
  • 指定エリア外で私的サポートを受けること
  • 指定エリア外でサポート並走すること
  • ビブのナンバーが見えないこと
  • ビブを正しく着用していないこと
  • 明らかに危険な行為をすること 例:先端キャップのないポールを人に向けること
  • ザックにチェック済の印がないこと
  • スタート時に携帯していなかったポールを後から使うこと

主催者の判断による

  • ショートカット
  • 計測チップが無い
  • コントロールポイントを通過しない

薬物検査の拒否は、使用したものと見なされる

健康に関する方針

(ドーピングに関する公正性のはなしで、主に検査対象アスリートに向けたものと思われます)

ランナーは、以下のことに同意することが求められる。

医療委員会へ宣言すること

  • スポーツ中にリスクを増大させる可能性のある病歴/病状
  • レース開始15日前での、通院と定期薬の状況
  • TUE対象となる薬物の情報

この宣言は、各ランナーが、ITRAヘルスページ(SHRA)を通じて行わなければならない

組織委員会によるドーピング検査を受け入れること

健康状態によっては出走を停止されること

情報は匿名化され、医学研究に用いられること

ITRAヘルスページ

ランナーが健康情報を提供しやすいように、統一したプラットフォームを開発した。

Mission Statement - ITRA の My Space > Health から入れます。)

一元管理される医療情報

  • 医療証明書
  • TUE
  • 病歴
  • 現在の治療状況
  • アンチドーピング検査
  • 現在の所在地(検査対象者で求められるものです)
  • 栄養補助食品の使用

相談窓口

-ドーピングに関する相談 -過去の検査結果の内容

まとめ

たとえ、表彰台とは縁がないランナーでも、1時間のペナルティを喰らってしまえば、関門アウトになる可能性が出てくる。

トレイルラン界にも、ドーピングに対する厳しいチェックが入るようになってきた。 ITRAのスポーツ健康情報提供ページ(SHOL)の存在は、わたしは知らなかったので、あとで登録してみようと思う。

ルールや条件はしっかりと確認しておくことが大切だと感じた。