【スポンサーリンク】

ITRAの有料会員で追加される項目はランキングと山岳保険

ITRAのランナー側には、無料会員と有料会員があります。無料会員でも、資格対象レースを探したり、自分自身のリザルトを確認・訂正することが可能です。 では、有料会員になると、どのような機能が追加されるのでしょうか。

加入は、My Space の中から行うことができ、2017年6月現在、年額 5ユーロです。

f:id:live-simply:20170630150816j:plain

加入後、使えるようになる機能は、パフォーマンス・インデックス順のランナーリストを閲覧することと、トレラン用保険に加入できるようになることです。

パフォーマンスインデックス

全世界の選手の、ランキングを見ることができる機能です。 距離別・性別・レース距離別(ショート・ミドル・ロング・ウルトラ)で絞込が可能です。

有料メニューなので、チラ見させますと、

f:id:live-simply:20170630151728j:plain

このような感じで、ランキングが表示されます。 ちなみに、細かく見ていくと、米国のJim WALMSLEY選手が、ミドル~ウルトラで満遍なく強さを発揮していることが確認できます。

リザルト自体は個人名から閲覧することが出来るのですが、このランキング表示から個人ファイルにジャンプすることが可能になるので、レースフリークの方なら、酒のツマミになるかもしれない機能です。

トレラン用傷害補償(山岳保険)

もうひとつの機能が、提携会社のトレラン用保険に加入できるという特典です。

フランスのassurincoという保険会社が提供していて、トレランやバイク、スノースポーツをカバーするスポーツ傷害保険です。 日本での、一般的な登山・トレッキング保険に該当し、ピッケル・アイゼンを使う登山や、アイス・ロッククライミング等が除外されるのも同様です。

年額タイプ(49ユーロ/年)と、1回タイプ(39ユーロ/回)があり、補償内容は同じです。

f:id:live-simply:20170630154212j:plain

もちろん、UTMBで加入が義務付けられている保険の条件を満たしますが、対応言語は、英語・フランス語であるため、すでに同様の山岳保険が数多く発売されている日本から、積極的に選ぶ理由はなさそうです。

しかし、保険が十分に発達していない国の参加者にとっては、ありがたいサポートかもしれません。

え?UTMBの必携装備に傷害保険が義務付けなんて聞いてないよ?という方はこちらを御覧ください。

live-simply.hatenadiary.jp

まとめ

すでにITRAの無料アカウントは持ってるけど、有料サービスはどんな機能があるのか知りたかった、という方の参考になれば幸いです。




関連記事

live-simply.hatenadiary.jp