【スポンサーリンク】

Epson WristableGPS SF-850 のファーストレビュー

トレランでは、スントやガーミンをよく見かけますが、エプソンってどうなの?って思ったことはありませんか?

エプソンのランニングギア、SF-850 をレンタルしてみたので、スントやガーミンと比較してみました。

f:id:live-simply:20170714164006j:plain

レンタルを依頼して1週間後、無事に到着しました。

ontake100 に間に合いました!

エプソンのレンタル方法は、別記事で紹介しています。試してみたい!って人は参考にしてみてください。

live-simply.hatenadiary.jp

中には、時計本体のパッケージ、レンタルの規約、割引券が同封されていました。

割引券は、1ヶ月以内に購入すると、レンタル代(2,000円)分が値引きされるというものです。

パッケージと本体

f:id:live-simply:20170714124757j:plain

パッケージの中身は、時計本体と充電台、マニュアルとなっています。

本体外観

f:id:live-simply:20170714165148j:plain

モノクロ表示ですが、コントラストがはっきりしているので、カラーよりも見やすい印象です。

ベルトの構造が工夫されており、フィット感は良好です。装着したときに重さと窮屈さを感じさせません。

本体の裏面

f:id:live-simply:20170714124955j:plain

LEDは1灯、受光部が2つありました。

充電

充電はクレイドルタイプです。山岳モデルのMZ-500もそうなのですが、外泊時やテントサイト、エイドでの継ぎ足し充電を行うには、すこし不便かもしれません。

f:id:live-simply:20170714125106j:plain

他機種との外観比較

Suunto Spartan Ultra、Garmin ForeAthlete 935、と並べてみました。

フェイスの比較

f:id:live-simply:20170714170629j:plain

表示部のサイズは、Garmin ForeAthlete 935 と ほぼ同サイズです。ケースが大きいため、画面が小さく感じられます。

カラーの2機種にくらべて、表示のコントラストがはっきりしています。これは、白黒液晶の大きな魅力ですね。

サイドの比較

f:id:live-simply:20170714171249j:plain

横から比べてみます。大きく見えるスパルタンウルトラですが、最も厚い部分で比較すると、SF-850と厚みは変わりません。

また、ベルト取付部間の距離が広いため、時計のフィットがよく感じられます。

それにしても、FA935の薄さ・軽さは圧倒的ですね。

スペック

SF-850の特徴をを再確認しておきましょう。

  • 手首での心拍計測が可能
  • 心拍計測ONで20時間、OFFで24時間
  • ランナーサポートの機能(インターバル、距離、時間、心拍ターゲット)
  • GPS みちびき対応
  • 健康管理機能(心拍ゾーン、活動量、睡眠、こころバランス)
  • スマホ・Web連携
  • バイブ通知

一方で、スントやガーミンのように、外部センサーとペアリングする機能はないみたいです。

心拍計測モードで20時間、OFFで24時間だと、ウルトラマラソンだけじゃなく、国内の多くのトレイルランもカバーできる容量ではないでしょうか。

さっそく、Ontake100で試してみたいと思います!

live-simply.hatenadiary.jp




関連記事

live-simply.hatenadiary.jp

live-simply.hatenadiary.jp

live-simply.hatenadiary.jp

live-simply.hatenadiary.jp