【スポンサーリンク】

Epson WristableGPS SF-850 のファーストレビュー

f:id:live-simply:20170714164006j:plain

エプソンのランニングギア、SF-850 のレンタルが届きました。

このエントリでは、SF-850の概要を紹介するとともに、スントのスパルタン、ガーミンの ForeAthlete935 と、外観上の比較を行います。

レンタル品は、宅配便で届けられました。

レンタル方法については別記事で紹介しています。

live-simply.hatenadiary.jp

中には、時計本体のパッケージ、レンタルの規約、割引券が同封されていました。

割引券は、1ヶ月以内に購入すると、レンタル代(2,000円)分が値引きされるというものです。

パッケージと本体

f:id:live-simply:20170714124757j:plain

パッケージの中身は、時計本体と充電台、マニュアルとなっています。

本体外観

f:id:live-simply:20170714165148j:plain

モノクロ表示ですが、コントラストがはっきりしているので、カラーよりも見やすい印象です。

ベルトの構造が工夫されており、フィット感は良好です。装着したときに重さと窮屈さを感じさせません。

本体の裏面

f:id:live-simply:20170714124955j:plain

LEDは1灯、受光部が2つありました。

充電

充電はクレイドルタイプです。山岳モデルのMZ-500もそうなのですが、外泊時やテントサイト、エイドでの継ぎ足し充電を行うには、すこし不便かもしれません。

f:id:live-simply:20170714125106j:plain

他機種との外観比較

Suunto Spartan Ultra、Garmin ForeAthlete 935、と並べてみました。

フェイスの比較

f:id:live-simply:20170714170629j:plain

表示部のサイズは、Garmin ForeAthlete 935 と ほぼ同サイズですが、ケースが大きいために画面が小さく感じられます。

スパルタン ウルトラが 大きく感じられます。

サイドの比較

f:id:live-simply:20170714171249j:plain

横から比べてみます。スパルタンウルトラが、ずんぐりしているため大きく見えますが、最も厚い部分で比較すると、実はSF-850と厚みは変わりません。

また、ベルト取付部間の距離は、SF-850がもっとも広く、スパルタン ウルトラよりも広いのは意外でした。

画面が小さいことで、時計も小さく感じられるものなんですね。

それにしても、FA935の薄さ・軽さは圧倒的です。

スペック

SF-850の特徴をを再確認しておきましょう。

  • 手首での心拍計測が可能
  • 心拍計測ONで20時間、OFFで24時間
  • ランナーサポートの機能(インターバル、距離、時間、心拍ターゲット)
  • GPS みちびき対応
  • 健康管理機能(心拍ゾーン、活動量、睡眠、こころバランス)
  • スマホ・Web連携
  • バイブ通知

ランナーサポートの機能は、距離走、時間走、心拍ターゲット走と、ターゲットも選べ、マラソン系のトレーニングで必要な機能は充実している印象です。

このなかで気になるのは、心拍計・GPSの精度、そして睡眠やこころバランスの機能でしょうか。

レンタル期間が短いため、GPS精度とバッテリー持続、心拍計の精度、使いやすさにフォーカスして使いたいと思います。

GPS精度を測定してきました。電池の持ち、精度ともに中々の結果となりました。 live-simply.hatenadiary.jp




関連記事

live-simply.hatenadiary.jp

live-simply.hatenadiary.jp

live-simply.hatenadiary.jp

live-simply.hatenadiary.jp